THE BMS OF FIGHTERS XVI -NEO DYSTOPIA-

インプレッション返信フォーム

  • 投稿したインプレッションの修正・削除は行えません。必要な場合は掲示板の専用スレッドに投稿するか、主催者へ直接連絡をお願いします。
  • のマークが付いた項目は入力必須です。
  • 罵倒、中傷等を含んだ文章表現や 個人への攻撃的発言、その他一般良識に欠ける表現は削除することがあります。
  • > beatorajaでプレーしたが、最後まで演奏していませんでした。私ではなく、ドライバが拒否をね... 。これがなぜ本物かどうか...
    > Qwilightに置き換えてプレイしました。
    > -------------------------------------
    > 音楽
    > 1.音色選定:ジャンルに応じて異なりますが、適切な楽器や音色の選定は、曲の最初の印象を左右します。ここで間違って指定すれば、最初からツイストわけです。
    > 2.悪玉と構成:曲想が浮かんそのメロディだけのスケッチみてください。その次にどのように設定する必要がよく似合うかを思い浮かべながら飾ってみることをお勧めします。
    > 3.和音:最も困難な区間でもそうですが、必ず確かめて行く。どんな曲でも(さらには無調であっても)和音が存在します。これをどう呼んでいくかに応じて、曲の方向と雰囲気が左右されます。
    > 4. Effect、DAWなどの技術的な事項:できればVSTと関連の本を一つ購入してMIDIをどのように撮って編集するかについて理解することを強くお勧めします。曲を書くのも重要だが、これを整えることは、はるかに重要です。
    > パターン
    > 1.最も重要なこと - FOONまたはその目的のために作成することがない場合 - 私はプレイした時、本当に打つ感じがすることを来るです。作った方が直接プレイしていない場合、プレイヤーが体験違和感や困難を感じる大変です。
    > 2.メロディーラインは、特別な場合を除き、音の高さに比例して配置してください。また、和音の場合には12、23、34のような隣接して配置よりも13、24、35のようなパターンがプレイしやすい方です。(7Key基準)
    > 共通
    > BMSの実力を育てたい場合は多くプレイすることをお勧めします。たとえば、今年出てきたBOF XVI全体にね。 500近くなる作品の中故意台無しにする場合を除いては、誠意たとします。これらの作品を見ながら任意の場所を似なければか学びましょう。
    > 製作お疲れ様でした。
    >
    > 翻訳機を使用していました。