THE BMS OF FIGHTERS XVII -VISION THE RETRO FUTURE-

インプレッション返信フォーム

  • 投稿したインプレッションの修正・削除は行えません。必要な場合は掲示板の専用スレッドに投稿するか、主催者へ直接連絡をお願いします。
  • のマークが付いた項目は入力必須です。
  • 罵倒、中傷等を含んだ文章表現や 個人への攻撃的発言、その他一般良識に欠ける表現は削除することがあります。
  • > この作品で描かれているのはその種の作品群でよく描かれる破滅的な終焉ではなく、「物静かで穏やかな終焉」であるように思います。
    > 勿論、それは突然起きるものなんかではなくて、裏で複雑に事象が絡み合って初めて少しずつ露わになっていくもので、まるでひとつの種から数え切れない程の種へとなり、地球全体を支配していった生物たちのように、じわじわと時間をかけて、人の手の届かないところで少しずつ侵食していくものなのだとこの作品を通じて感じられる節がありました。
    > アンビエントとしての作品性が非常に秀逸である事はさながら、このような硬派な作品を違和感の全く感じられない譜面構成で完成させる手腕は見事だと思います。
    > 隕石が落ちるようなものでもなんでもなく、ごくごく普遍的な場所からの終焉を告げているようなこの作品はある種のリアリティが感じられ、どこかシンパシーを強く感じられると共に、静かながら恐ろしさを感じられる部分があり、かなり深淵で興味深い作品へと仕上がっていると思います。
    >
    > 8.9/10 REVIEWER'S RECOMMEND